​第23回世界スカウトジャンボリー

平成27年7月28日から8月8日までの12日間に渡り、第23回世界スカウトジャンボリーが開催されました。

主会場である山口市阿知須きらら浜と県内全ての市町で、県民の皆様と国内外から集った約3万4千人のボーイスカウトが、「やまぐちジャンボリーフェスタ」や「地域プログラム」等を通じて、世界を身近に感じながら国際交流を楽しみました。

​会場となった山口県・きらら浜

​第24回世界スカウトジャンボリー(米国)

【開催国・場所】
アメリカ合衆国ウェストバージニア州サミット・ベクテル保護区

【派遣期間】
2019年7月21日(日)~8月5日(月)16日間(参加隊)
2019年7月19日(金)~8月6日(木)19日間(IST)

【テ ー マ】
「新世界の扉を開こう」
“Unlock a New World”

【大会規模】

 世界169の国と地域より 約35,000人

   日本派遣団 凡そ1,000人

本団からは、ベンチャー、ボーイ隊  計7名 が第24回世界ジャンボリー(米国)へ派遣されました。   
 

左が24WSJ(第24回世界ジャンボリー大会)のロゴで、右側が派遣日本隊のロゴマークです。

​地区、及び県連での壮行会スナップ

プログラムは下記に示すような多様なプログラムが展開されました。
現地でのスナップ写真です。イタリア隊と一緒の活動で大いに友好を深めたそうです。青少年時代の外国でのスカウト活動は、正しく千金に値する経験かと思います。なんと羨ましいことか ! !  (昭和生まれ管理人の感想)

お陰様で、全員キャンプ生活を満喫し、無事に帰国されました。関係者の皆さんご苦労様でした。