​星の森学校

  活動トピックス

 新着 最新記事は、こちらをクリックして下さい ⇒ 

30年度第10回星の森学校

日時:平成31年1月27日(日)

場所:星の森キャンプ場・活動広場

活動内容:お正月・伝承遊び

参加者:一般児童13人、スカウト9人

今回の活動では強い寒波の襲来があるとの事で、前日に大きなブルーシートを張り、水を張って即席のスケートリンク試みてみました。果たしてその出来栄えは、上手くいくか、はてまた単なる水溜りで終わるか・・・。

まず初めに、星の森自然教室で「ミノムシ」について皆さんに紹介いたしました、この森にもミノムシの越冬の巣があります。みんなで観察した後、ミノムシのかなり変わった生態についてお話をと考えていましたが、驚いたことに1年生の男の子(虫博士)がじつに詳しく、彼から皆に説明してもらいました。メスは一生この巣から出ない事、性ホルモンを発散して寄ってきたオスと交尾し、卵を沢山生み落としたら死んでしまう事、オスは、脱皮しガになったら(口が無いので何も食べない)、メスを探して交尾するのが大きな役目。彼が全部説明してくれました。私の方からは、つい最近の研究でミノの出す糸を効率よく採取できる特許が出た事、そして何よりもクモの糸を凌ぐ強度がある事が解った事などお話ししました。

​さて、次に即席スケートリンクの出来栄えは・・・? 思ったより厚く(厚い処で3cm位)の結氷に成功しましたが、いかんせんスケート

とはいかず、子供たちが上に乗ってバリバリと割って楽しんでいました。氷を掴んで冷たくなった手は、ログファィアーの灯で温めてもらいます。

さあー年の初めの活動です。星の森神社のおみくじ引いて(ボタンを押すと円筒状のおみくじが回り、止まったところが

今年の運勢(大吉、小吉、中吉、吉、凶)となります。みなさん結構真剣におみくじを引いていました。

さて、寒さに負けず、押しくらまんじゅうのゲームの始まりです。

いよいよ竹馬への挑戦です。親子ともども熱心に取り組んでいましが、親御さんの昔取った杵柄は全ったくあてになりませんでした。なかなか難しいもので、昔足袋を履いていた時代であれば上手く乗りこなせたのかも知れません。

今度は赤組、青組に分かれ(それぞれバンダナで色分け)て、。福笑い、いろはカルタで組対抗競争です。

​最後は、今月の歌「雪」を歌って解散しました。OBの方々を含めて皆さん寒い中お疲れ様でした。

​平成31年度(令和1年度)第1回星の森学校

日時:平成31年(令和元年)4月28日(日)  晴

場所:星の森キャンプ場

活動内容:じゃが芋植え付け、ジャンボロープウェーイ、

     野外ゲーム

参加者:一般児童32人、スカウト10人

​いよいよ令和元年度、第1回星の森学校がスタートします。前日来からの季節外れの冷え込みが当日朝まで残りましたが日中は新緑に相応しい気持ち良い一日となりました。今回32人という沢山の参加者を迎えて学校は開校いたしました。開校式の前に二人の入隊式を行いました。さて、本日のプログラムは、星の森自然教室:キンラン開花・観察・説明、動物の名前が付く植物の観察(森の中に自生する植物の現物観察)、ウラシマ草等、じゃが芋の植え付け、ブランコ渡り、ジャンボロープウェーイ、野外ゲームと盛り沢山です。

ブランコの次はジャンボロープウェーイです。地上高3m程の台からのロープウェーイは、ちょっと大人でも腰が引ける位スリリングですが、子供たちは元気に飛び乗って楽しんでいました。人気があって長蛇の列ができています。

​最後のプログラムは、ロープを使ったチーム対抗ゲーム、そしてカモンジャンケンと続き、今月の歌「鯉のぼり」を歌って本日の星の森学校は終わりとなりました。皆さんお疲れ様でした。

令和1年度 第2回星の森学校

日時:令和1年5月26日(日)     快晴 気温33度

場所:星の森キャンプ場、流山運動公園

参加者:一般児童16人、スカウト8人

活動内容:新緑ハイク、サツマイモ苗植え付け、  

     野外ゲーム等

当日は、5月には本当に珍しく毎日日本全国35度越えの猛暑日が記録される暑い日で、流山でも33度を記録致しました。当初はオオタカの住む市野谷の森にハイキングの予定でしたが、急きょ歩く距離の短い流山運動公園へ変更いたしました。

さあー皆さん今日は暑いので木陰で開校式です。プログラムの最初は、サツマイモの苗の植え付けです。指導員の説明の後、めいめいに植え付けます。秋に大きいお芋が収穫できますように!

​次に、市野谷の森へのオオタカ観察ハイキングが変更になったので、ハウスの中でプロジェクターを使用してオオタカの説明をしました。オオタカの鳴声が意外にかわいく聞こえました。保護者の皆さんも興味しんしんと聞き入っていました。

さて、いよいよ目的地を総合運動公園に変更して、酷暑のハイキング(予定では新緑ハイキングでした)に出発です。と、その前に塩飴の配給です。里山の間を抜けて、レンゲの花咲く原っぱを抜けて総合運動公園に到着です。暑かったのでしばし休憩です。

休憩の後、防災広場でゲーム「落ちる、落ちる」「猫とねずみ」をしました。とても暑かったのですがみんな元気に遊ぶことができました。一路、星の森広場に向かって帰路につき、到着次第、冷たいかき氷の配給です。

33度の猛暑の中での活動の後、かき氷の美味しかった事、最高です!

​本日のおもな活動はこれで終わりです。皆さん暑い中お疲れ様でした。

令和1年度第3回星の森学校

日時:令和1年6月23日(日)   曇り

場所:星の森キャンプ場、広場、スカウトハウス

参加者:一般児童21人、スカウト12人、保護者、

    指導者

活動内容:面白科学実験室、野外ゲーム

本日の星の森学校は広場で全隊(BVS隊、CS隊、BS隊)活動していた関係で、全員揃って開会セレモニーに臨みました。初めにこの度退団したK氏に団より感謝状贈呈、BS隊指導者Tへの特年功章授与、CS隊の50年隊褒章綬 授与・BVS隊F隊長への日連褒状などの報告がありました。スカウトと一緒に並んだ星の森学校参加者は、幾分緊張気味でした。団のセレモニーの後、いよいよ星の森学校の開校式です。梅雨真っ最中の本日の活動は、スカウトハウス内で面白科学実験室を行いました。

面白科学実験室、初めに割りばしと、輪ゴムを使ったマジックハンド作りです。お父さん、お母さんもお手伝いしながら皆さん頑張りました。出来上がったマジックハンドでボトルキャップを掴んでみました。

​じょうごの中のピンポン玉、下から垂直に息を吹き込んで飛ばそうとしても飛び出しません。その実験レシピで若いお父さんにトライしてもらったところ、なんと余りに強い息吹きかけでピンポン玉はじょうごから飛び出してしまいました。この後始末、何とも情けない結果になりました。

​続いて、登る人形の工作です。お父さん、お母さんの指導宜しく、なかなか上手く出来上がりました。柱につけたピンにタコ糸をかけて人形が登るか確かめてみました。

​最後の科学実験室は、風船ロケットを作って、飛ばします。さあー頑張ってロケットを高く飛ばしましょう。少し難しい工作なので、お父さん、お母さんのの出番が増えています。

さてさて、今度は雨も降っていないので野外で「てえへんだージャンケンゲーム」です。大人と子供の2組に分かれて競争です。

どちらが勝ったのでしょうか?   これが済んだところで一旦星の森学校を終業し、最後に恒例のかき氷を全員で戴きました。

もっと酷暑であれば更に美味しく戴けましたが、子供たちは特に気に掛けるようでもなく、美味しくいただいていました。

みなさん梅雨空のなか、参加頂き有難う御座いました。

​令和1年度第5回星の森学校

​※ 第4回星の森学校の事業(7月)は、台風襲来の為中止となりました。

日時:令和1年8月25日(日)  晴

場所:流山第3団星の森キャンプ場 活動広場

参加者:一般児童21人、BVS11人、保護者多数

活動内容:隠れ家つくり、野外料理

​猛暑がやや収まった、夏休み最後の日曜日、今回は隠れ家つくり、野外料理にチャレンジして戴きました。いわゆる簡単ディーキャンプです。隠れ家と称してブルーシートでテント作りです。初めに2組に分ける為ゲームに挑戦です。

​2組に分かれて、いよいよブルーシートテント作りに挑戦です。骨組み作りはお父さん、お母さんに手伝ってもらい、支柱と張り綱のペグ打ちは子供達が頑張りました。背中にお子さんをおぶったお父さん、大変です。ガンバレー

さあー出来映えはどうでしょうか?  しっかりしてなかなかのテント(隠家)が出来上がりました。下にブルーシートを敷いてみんな暫しの休憩です。

​一休みした後にいよいよ野外料理の始まりです。初めに今日のバーベキュウの具材の一つのじゃが芋について本団OBのMさんから説明がありました。本年4月にジャガイモの植え付けを星の森学校の活動で行いましたが、残念ながら生育が悪く、畑はご覧の通り収穫ができない状態です。本日は急ぎ別途芋を手当てしましたので、皆さん1個づつ取って良く洗い輪切りにして焼いて下い・・・!

その他具材は、シイタケ、ピーマン、ウィンナー、ミニトマトなどです。子供たちはお父さん、お母さんに手伝ってもらいながらBQの串に具材を刺して準備しています。さあーBQの炭竈の準備も滞りなく進んで、BQの始まりです。

​さあー準備ができたらみんなでBQの始まりです。じゃが芋はなかなか火が通りにくいので良く焼いて下さい。炭火は熱いので気おつけて!  そろそろ食べごろかな?   焼けた串を持って、隠れ家(ブルーテント)の中で戴きましょう!

そして、みんな食べ終わったら、夏恒例の「かき氷」のお店の開店です。熱いBQから冷や冷やのかき氷、絶妙な組み合わせです。

みんなー美味しいですか?

本日の活動は、次に終業式を行い終了致しました。沢山の皆さんの参加を戴き有難う御座いました。又、暑い中活動の準備、運営に協力頂いた理事さん、OBの方々大変お疲れ様でした。

​令和1年度第6回星の森学校

日時:令和1年9月22日(日)   晴

場所:星の森キャンプ場 ⇔ 怪獣公園

参加者:一般児童4人、ビーバースカウト11人

活動内容:菜の花の種播き、防災探検隊

​九州から日本海に抜けようとしている台風16号による天候が若干心配されましたが、意外に好天に恵まれて活動する事ができました。但し今回は市中小学校運動会等の影響で参加者が少なくなりましたが、みんな元気に、楽しい活動を行う事ができました。始業式の自己紹介から、2組の組み分けゲーム、そしていよいよ菜の花の種播きで活動が開始されました。ボーイスカウトOBの方からの説明を受けて、上手く種まきできるでしょうか?

さて、次にハウス内で、 NHK監修 Web防災クイズ(地震だどうする どーもくん) に挑戦します。みんな間違えずにできるかな?

スクリーンに映し出されたクイズにみんな真剣です。引き続き、地震による液状化の実験を皆さんに見てもらいました。透明ケースに砂を入れ適度に水を注いだ後、電動バイブレータで振動を加えると写真のように水が噴き出し、家や鉄塔が傾きます。合わせて「100均で揃えた防災用品」安価な防災セット、簡易コンロ、簡易トイレなどを保護者に紹介させて戴きました

さて、いよいよ長崎小近くの怪獣公園までの防災探検隊の出発です。途中、参加者には防災に関わる施設、機材が何個あったかチェックして回答用紙に記入してもらいます。具体的には、防火水槽や、防火水栓、消火器、防災井戸、AED、防災無線塔などです。みなさん目を凝らして一生懸命に探しています。遠くまで良く目が利く子供達は沢山探し出しました。目がかすみ、歪んでみえる管理人には到底無理です。ご立派! 

​長崎小の防災井戸とAEDを発見して怪獣公園で大休止です。帰ったら防災資材をいくつ見つけたか発表です。

​ハウス内で防災ダックゲームに挑戦、その後組対抗防災キムズで頑張りました。15個ほどの品物から防災グッズ5個書き出すゲームですが、その回答の一つに「バンド」がありました。予期せぬ回答なため、何故なのか理由を聞きました。「ロープ」の代わりになるとのことで、正解といたしました。いろいろ考えるものですね!  さすが!

最後に今月の歌を歌って解散としました。

皆さんお疲れ様でした。

​令和1年度第7回星の森学校

日時:令和1年10月27日(日)    曇り

場所:星の森キャンプ場、天形星神社

   長崎怪獣公園、野々下ふれあいの森

活動内容:パワースポットを探せ

参加者:一般児童8名、ビバースカウト11名

​台風、台風、熱低 大雨と散々な天候で千葉県を含めて東北地方に大きな災害をもたらした天候がようやくおさまった時々陽がさす日曜日に活動が行われました。本日は、昨日からの「カブ隊くまキャンプ」が行われており、そのセレモニーでは、3名のカブスカウトの特修章の授与もあわせて行われました。そのセレモニーが終わり次第星の森学校がが開始されます。

アイスブレーキング、そして組み分けして、それぞれの組ごとに色違いのバンダナをつけていよいよパワースポット探しに出発です

初めに当団星の森キャンプ場隣にある天形星神社へ向かいます。そこでリーダーより天形星とは? のクイズがあり、答えは「木星」とお話がありました。祀神は須佐之男命(スサノオノミコト)です。

管理人注釈:  須佐之男命(スサノオノミコト)は天照皇大御神の弟神です。出雲民族の始祖で、出雲で八岐大蛇を退治して、
奇稲田姫と結婚、大蛇退治の際、その尾から出た天叢雲剣を天照皇大御神に献上された。それが古代天皇の権威たる三種の神器の一つとなる(現在は、愛知県名古屋市の熱田神宮の御神体となっている) 現天皇即位の令に使用された三種の神器の剣も同じものである。但し代物(レプリカ)で即位の令を行った。鏡も同様と伝えられている。勾玉は本物

須佐之男命が、高天原で粗暴な振る舞いをしたことから、天照皇大御神が天岩戸にお隠れになりました。よって高天原から追放され

母(イザナミ)方の出雲に行った。

さて、天形星神社でお参り、そしてプログラムリーダーより、神社の成立ち、パワーなど優しく説明があり、更に某団委員長扮する

須佐之男命が登場、有難いお言葉を戴きました。

​さて、次のパワースポットへ移動です。途中庚申塚で手を合わせてお参りします。さあー怪獣公園パワースポットに着きました。齢60過ぎのスタッフは、もうお疲れ気味です。子供たちはいろんな怪獣にタッチしてパワーを戴くミッションに挑戦です。

暫く休憩した後に次のパースポットに移動です。野々下ふれあいの森へ着き、ここに住んでいる神様に一礼して森の中に入ります。

二人三脚のゲーム、パワーオブジェクト探しなど楽しんで、ついに今日のパワースポット巡りは終了しました。

庚申塚・・・庚申塔(こうしんとう)は、庚申塚(こうしんづか)ともいい、中国より伝来した道教に由来する庚申信仰に基づいて建てられた石塔のこと。庚申講を3年18回続けた記念に建立されることが多い。塚の上に石塔を建てることから庚申塚、塔の建立に際して供養を伴ったことから庚申供養塔とも呼ばれる。
庚申講(庚申待ち)とは、人間の体内にいるという三尸虫(さんしちゅう)という虫が、庚申の日の夜[1]寝ている間に天帝にその人間の悪事を報告しに行くとされていることから、それを避けるためとして庚申の日の夜は夜通し眠らないで天帝や猿田彦や青面金剛を祀り、勤行をしたり宴会をしたりする風習である。

モリカツの皆さんご協力有難う御座いました。そして、指導者、保護者の皆さんお疲れ様でした。

​令和1年度第8回 星の森学校

​日時:令和1年11月24日(日)  小雨、後曇り

場所:流山第3団キャンブ場・ハウス

活動内容:ボルダリング、さつま芋掘り・実食 

参加者:一般児童17名、ビーバースカウト11名

​本日は朝から小雨で楽しみにしていたボルダリングは中止とさせて戴きました。お詫びに12月の活動にボルダリングを組み入れる事で参加者の皆さんにお許しを戴きました。合わせてもう一つの主要活動の「サツマイモ掘り」も惨敗に終わりました。というのも事前に試し掘りしたところ、根っこの芋ができているであろうところが、きれいにモグラのトンネルが連なって芋の片りんも見当たらなかったのです。止む無く高い芋を手当てして、焼き芋だけは実施致しました。

小雨のためハウス内で開校式、そして初めに焼き芋づくに挑戦です。新聞紙で芋を巻いて、水につけ、そしてアルミ箔に包みドラム釜戸に入れます

さあー焼き芋の下ごしらえが終わり、火入れ投下、OB懸命に焼きに入ります。続いて「ロックマイソウルゲーム」の開始です。初めに2くみにわけるゲームです。

それからゲームの仕掛け作り( 初めに正方形に縄を張り、そしてそ各辺を鈴のついた紐で、蜘蛛の巣状に成形します。

して、初めに皆さん自由に紐に足をかけて忍者のように鈴が鳴らないように進む練習タイムです。

いよいよ練習も終わり「ロックマイソウルゲーム」①低くてくぐれないゲーム、②広くて回れないゲームの始まりです。

皆さんの勇姿をごらんください。よう皆さん足が上がりますね!  管理人にはとても至難なゲームです。

​ゲームの最後には保護者も挑戦です。さーついに甘くホクホクした焼き芋がで焼あがったようです。雨も上がったようなのでお外で戴きましょう。皆さん美味しそうに食べています。

最後に、本日のメイン活動のボルダリングの設備を参考までに皆さんに見学して頂きました。来月の活動が待ち遠しいですね!

本日はこの後歌を歌って活動を終了しました。皆さん大変お疲れ様でした。

​令和1年度 第9回星の森学校

日時:令和1年12月22日(日)    曇り

場所:流山第3団 星の森キャンプ場・活動広場

活動内容:落葉遊び、ボルダリング、餅つき大会 

     リニューアル空中ブランコ

参加者:一般児童17人、ビーバースカウト8人、保護者

     指導者 計50人 

​前回に続いて雨が心配されましたが、寒いながらも曇りで何とか野外の活動ができました。今回は毎年恒例の大餅つき大会で子供達も楽しみにしています。さあー開校式の後、2組に分けるゲームの始まりです。Aチームはボルダリング、Bチームはリニューアル空中ブランコ(地上高さ5mを、凡そ5.5mにサイズアップ)に挑戦です。どちらのプログラムもかなりスリリングですが、小さなお子さんでも果敢に挑戦、楽しんでいました。

まずボルダリングでは始まる前に指導者から詳細な説明、注意事項のお話があり、スタートです。空中ブランコでは、大きく振れ動くブランコの軌道範囲内(コーンで囲まれている範囲)には入らないよう注意を受けて開始されました。

​矢張りパワーアップしたブランコの威力はすごく、正しく空中高く飛ぶように揺れ動いていました。ブランコの合間に、広場のクヌギや、コナラの落葉を集めて小山を作ったり、ベッドを作ったりして子供たちは群れ遊びました。

サアー皆さんお待ちかねの大お餅つき大会です。お父さん方にも杵を持ってついてもらいましたが、体力・体格は申し分ないものの、杵を持って振り下ろす姿がいささか怪しく、頼りなく映るのは仕方ないのかなー! 子供たちもベンチャースカウトのの介添えが付いてお餅をつきました。お餅は、大根おろし、黄な粉、小豆をからめて戴きました。矢張り突き立ては柔らかくて美味しいですね

​本日は寒い中大変お疲れ様でした。皆さん良いお年をお迎え下さい。 

 

​令和1年度 第10回星の森学校

日時:令和2年1月26日(日)  小雨、後薄曇り

場所:流山第3団 星の森キャンプ場

活動内容:お正月遊び(羽子板・カルタ・竹とんぼ

     バトミントン・福笑い・竹馬・おみくじ)

                   ログファイアー、はないちもんめゲーム

参加者:一般児童 15人、ビーバースカウト12人

開催前日に雪が降るかと期待していましたが、当日朝は冷たく弱い雨が降っていました。野外での正月遊びができるかどうか心配されましたが、開催時刻の9時頃になると雨もやみ、皆さん意気揚々と活動が始まりました。

星の森学校開校に先立ち、本日1名入隊式が行われました。可愛いスカウトの誕生です。皆さんよろしくお願い致します。

いよいよ森の学校の開校式です。参加者の自己紹介の後、本日のプログラムはじまり、始まりです。

最初に寒い朝は焚火にあたって体を温めましょう。そこで今回は火台、五徳、薪の全てを兼ね備えた「ログファイアー」にて暖を取り、毎年恒例の「星の森神社のおみくじ」を各自引いてもらいました。特製回るおみくじ機、出たのは大吉か、小吉か・・・。

​さあー引き続いて、「一人前カルタ」、羽子板、バトミントン、福笑い、竹とんぼ、竹馬、みんなそれぞれの遊びに夢中です。しかし、竹馬はなかなかバランス取るのが難しく、飛び入りのボーイ隊スカウト1名を除いて攻略できませんでした。若いお父さん、昔取った杵柄よろしく挑戦しましたが、ヨロヨロするばかりで一向に前へ進みません。HP管理者も挑戦しましたが、命の危険を感じて早々にキブアップ!   合わせて、羽子板もかなり難易度が高かったようです。皆さん気を付けて遊んでください。

​最後にはないちもんめのゲームをし、歌を歌って本日の活動をおわりました。尚、令和1年度の活動は、計10回、本日の活動をもって終了となります。2月、3月はお休みを頂き、4月より令和2年度事業として新たに開校(毎月1回実施)いたします。令和1年度の活動に参加された皆さん、本当に有難うございました。

4月から始まる令和2年度の活動にも是非とも参加くださるようお願い致します。

最後に、星の森学校の活動にご協力いただいた団の理事さん、団委員、そしてボーイスカウトOBの皆さんお疲れ様、有難うございました。